投資

FXで専業になるまでのプロセス

例えば、何かを始める時に、パッと見て何でもすぐに出来るわけではないですよね。
これで簡単に収入が得られれば楽なのですが、それは難しい事です。
そこで、FXを始める前にFXについての知識を入れておかなくてはいけません。

数あるFXのサイトの中から1つを選ぶので、どのサイトを利用するのかそれぞれどのような違いがあるのかなどを比較したり、基本的な操作を習得したり、FXトレードの見方や相場の読み方、必要な設定やFX用語だったりを勉強する必要があります。
本やネット検索すると、初心者向けに分かりやすく紹介されている記事などがあるので参考にしましょう。

最近ではゲーム感覚で資金も必要なく練習できるサイトもあるので、そこで練習をするのもいいですよ。
この時、特に初心者でありがちなのがFXをしていると、自分のお金が動くわけですから「利益にしなくては」という心理が働きます。

確かに利益は出したいのですが、その焦りから損益を出してしまう可能性が高くなるので、冷静に判断できる精神力も必要になるので、練習でも自分のお金で動かしているような感覚でやってみましょう。

今の勤めている職場をすぐに辞めて、FXでの収入がないことやマイナスになるなど様々な方向性で可能性を考えて、もしも収入が無くても生活に困らないだけの貯金とFXで使う元手となる資金が手元にあるというのであればいつ会社を辞めてもいいです。

お金持ちの人と結婚している専業主婦やバリバリ稼いでいるキャリアウーマン、企業の女社長とか、どんなに使ってもお金には困らない生活をしているというのであればできるかもしれませんね。

ですが、それは一部であってほとんどの人には無理ですよね。

その為、必ず自己資金でしましょう。
では、元手資金はいくら必要なのかですよね。

それは、1,000万円以上です。
数字だけを見ると、大金ですよね。
ですが、よく考えてみて下さい。

FX専業になるのですから、FXで稼いだ以外の収入が無くなってしまいます。
という事は、今ある資金で全てを賄わなくてはいけませんよね。

すぐにはFX専業にはなれないかもしれませんが、1,000万円を稼ぐことは不可能ではありません。
本気でFX専業を始めようと思うのであれば、貯金もできますよ。

1,000万円ではないけれど、近い金額までは貯まっているというのであれば、副業をしながらFXを行うというのも1つの方法です。
FXについて勉強していると分かりますが、簡単に計算すると月に約41万7千円はFXで稼がなくてはいけません。

20万円、10万円、利益がない時もあり得ます。
人によっては、100万円以下の場合もありますし、逆にFXで失敗して借金しているという人もいます。

例えば、自分の前で知らない人や身内が急に倒れた時に、どのように行動できるでしょうか。
自分には、この人は倒れる事があるからこのように行動すればいいと分かっているとすると、どうすればいいのか分かっているので精神面では安定していますよね。

気持ちが落ち着いていて何があっても冷静に判断が出来たり、この時にはこうすればいいと行動が出来たりするのではないでしょうか。

ですが、自分の目の前で急に倒れられたら医療関係の人などで知識があれば別かもしれませんが、何も知識が無いと一瞬何が起きたのか分からず、どのように行動したらいいのか分からなくなって人によっては救急車の番号が出てこなくなってしまうかもしれません。

つまり、精神面が安定していない状態です。
これでは、倒れた人がいた時に適切な行動がとれないですよね。

FXでも同じような事が言えます。
どのようなタイミングが損をしないのかは、FX専業になるためには、まずFXについての知識、判断力などを身に付けましょう。

初心者の場合、覚えるまでが大変なのですが、実際に取引しながら確認しながら経験を積んでいくことでFXのやり方は理解できるようになります。
また、この時にはどうすればいいのかなどが分かるようになります。

必ず、資金が貯まってから行うようにしましょう。

正社員、派遣社員など所属、働いている・働いていない、性別関係なく、初心者であっても、資金や知識などがあればどのような女性でも行う事が出来るFXは、女性が自立して自由に過ごせる資産を生み出すことが出来るので、か弱い女性だからできないという事はありませんよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です